ブラジル派遣隊員報告

2017年1月投稿
明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。と日本と一緒の年の始の会話です。が、やはりここはブラジルです。いつも30℃を越していて、風が強く吹き辺りが暗くなると大変。ピカーッときてポツリポツリ雨が振って来たかと思ったらザァーとバケツをひっくり返したように雨が降ります。長くて30分ぐらいで雨が上がります。毎日がそんな感じですので傘は放せません。私は晴雨兼用の傘を持って来ているので、晴れている時もさしていますが日傘をこちらの人は使わないようです。この頃皮膚癌などが騒がれ若いブラジル人など雨傘(日傘では無い)をさしているのを見かけます。
私が派遣されたブラジル日系熟年クラブ連合会はその名の通り熟女、熟男がカラオケや川柳、百人一首、俳句、日本舞踊、健康体操、錬功体操などの教室に通っています。歳を聞くとビックリです。皆さん80歳、90歳で、70代の方も80歳に近い方々です。皆さん地下鉄やバスを乗り継いて1時間ぐらいかかってきます。それには2度ビックリです。「60歳以上になると地下鉄やバスがただになるから助かるの。だから、通えるの。」と笑顔で話してくれます。
食 生活はブラジル食ではなく日本食です。勿論正月はあんこ餅と雑煮を食べました。ここリベルダージ(サンパウロ州サンパウロ市)は日本人が沢山住んでいるので日本と変わり無く醤油、味噌、豆腐、納豆、竹輪など何でも手に入ります。食事や言葉が変わらないので、まだ日本にいるみたいです。ポルトガル語を頑張って日系2世の方々とポルトガル語で会話をする事が今年の目標です。
私の仕事はブラジル日系熟年クラブ連合会で本の整理や会員の方とのコミニュケーションとサンパウロ市以外の老人会に行き、転倒予防体操や脳トレ、笑いと呼吸の大切さを教えることです。今年は1人で切符を買っての1人移動です。間違わないようにしないとと思いつつ間違って覚えるかもと変な度胸と期待に胸弾ませています。
28-1次隊 ブラジル 日系ボランティア 高齢者介護  S.K.

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.