ナミビア派遣隊員への着物(和服)を送付

ナミビア・服飾JV隊員(H.N.)に着物を送りました。

ナミビアの服飾JV隊員(H.N.)から次のような依頼がありました。

「日本文化とアフリカ文化の融合という観点から、着物生地を使用出来たら素敵ではないかと考えております。古着などで構いませんので皆さまのネットワークで集められませんでしょうか?色柄が派手な方が有難いです。」

そこで、役員間で相談して、知り合い等に連絡し、少しでも要望に応えられるように収集活動をしました。

その結果、約30着の着物が集まり、ダンボール2箱(25着)に入れ、航空便でナミビアの隊員に空輸しました。平成30年10月下旬に送付したのですが、なかなか到着せず、正月には

「依頼しておりました着物は残念ながらまだ受け取れておりませんので、残り僅かな活動期間で成果をご報告することは難しいかもしれません。色々とご協力していただきましたのに大変申し訳ございません。出来る限りの準備をして、受け取れた際には配属先にて有効活用するようきっちり伝えていきます。」のメールがあり、ほぼ諦めかけていました。

ところが、2ヶ月以上経った平成31年1月下中には、着物が届いたともメールがあり、安堵とこれで役立ってもらえるとの気持ちが沸き上がりました。以下がメール内容です。

「着物の件、ようやく受け取れました! お手配ありがとうございます。素敵な色柄が多く、着付けが出来れば着てみたいと思う程でした。当初ファッションショーの材料として使用させていただこうと考えておりましたがまずは日本文化紹介を兼ねて、試着体験等をフェスティバルで行うのも良いのではないかと上司と話しました。同僚達もとても喜んでおりましたので、写真を添付致します。どうもありがとうございます!!」

私たち支援する会の活動が少しでも「隊員の活動に役立つこと」を実感いたしました。

送られた着物を試着

送られた着物を試着

image003

 

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.