モロッコ派遣隊員報告

モロッコの新年はイスラム歴で2月11日の為、新年も普通勤務で至って静かな正月でした。

お陰様で、昨年のCOP22始め、モロッコと当マラケッシュ市に置きまして、数々の貴重な経験をする事が出来ました。これも一重に、私を取り巻く数多くの人々のご協力、ご援助の賜物と思っております。

今年は、いよいよ9月末には、帰国致しますので、支援する会の皆様に再会出来る事を楽しみに致しております。

研究所の皆で撮った写真と、最近のマラケッシュから見たアトラス山脈、年末に行った大西洋側のエッサウィーラの写真送付致します。

では、今年も良い年で有り、支援すする会の益々の発展と会員の皆様のご多幸をモロッコからお祈り申し上げます。

マラケッシュ市 カディアヤッド大学 水・エネルギー国立研究センター

水・エネルギー国立研究センター職員

水・エネルギー国立研究センター職員

 

 

 

 

 

 

冠雪するアトラス山脈

冠雪するアトラス山脈

 

 

 

 

 

 

大西洋側のエッサウィーラ(マラケシュの真西)

大西洋側のエッサウィーラ(マラケシュの真西)

 

 

 

 

 

 

27-2次隊 モロッコ派遣隊員 M.W. 下水道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.