隊員帰国報告会

平成29年6月3日(土)総会後、3人のOB、OGをお招きして隊員帰国報告会を開催、会員24名が参加しました。

1.日 時 平成29年6月3日(土) 16時30分から

2.場 所 仙台市民会館

3.講 師

菅野 ひかる(H26-4次隊) グアテマラ      感染症・エイズ対策

宮岸 誠  (H25-4次隊) パプアニューギニア  コミュニティ開発

橘 美佳  (H26-2次隊) インドネシア     環境教育

4.報告内容

1)菅野 ひかる

メキシコの南、西隣国にベリーズを持ちコーヒーが名高いグアテマラ共和国、赴任地はその南東端に位置するフティアパ県の人口約2万人のコングアコ市。気候は日本の春のような温暖でしのぎやすいが、地震国でたびたび災害が発生する。

活動は大きく分けて2つ、保健所勤務と小学校や糖尿病患者への気軽にできる体操実技指導「体操のお姉さん」である。

保健所では主にマラリア対策としての蚊防除と人の血を吸うサシガメ(カメムシの仲間)から感染するシャーガス病の対策である。蚊対策はボウフラ防除対策で家庭の水瓶等の衛生管理である。一方、サシガメの糞に潜むトリパノソーマ・クルージが吸血の際に傷口から侵入して発症するシャーガス病の周知と対策である。この病気は潜伏期間が長いときは十数年で輸血感染や母子感染し、重篤な心疾患や消化器疾患をおこし、若くして死亡する。サシガメはグアテマラの一般的な家屋の土壁の隙間やベッドの下を住処にし、夜間に活動する。シャーガス病の周知は一軒一軒居住地を周り、土壁の隙間等からサシガメを見つけ、住民に知ってもらう。

これまでの小学校や糖尿病患者等への体操指導は座学が主で、実技はほとんどやってこられなかった。糖尿病の場合、体操実技をすることで病気の軽減や進行を遅らせることができる。

任期末には自分が教えた兜の折り紙に感謝の言葉を書いたものを送られた。感謝の気持ちでいっぱいであった。

活動を通して、「わたしができること」、「わたしがしたいこと」、「相手が必要としていること」の条件を見出し、実践することが、青年海外協力隊として長続きさせる基本であることと結んだ。

菅野ひかる氏

菅野ひかる氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2)宮岸 誠

南太平洋、オーストラリアの北方ニューギニア島の東半分を占めるパプアニューギニア、赴任地は国北部のマヌス等を中心とする島嶼地区で人口は全州最小の約6万人、キリスト教、ココヤシ栽培と漁業が中心、主食はサゴヤシ、バナナである。国旗はドイツの植民地であったことでドイツの国旗の色等が反映されている。

報告は「パプアニューギニアの笑顔」の題、特にマヌス島民の笑顔に結びつく活動を基本とした。赴任当初、事務所に出勤したが、ほとんど一人で、誰とも会わない日も多くあった。3か月後、外に出ることとし、約6か月は「マヌスの人は何を求めているのか?」、「皆が幸せになるような活動をしよう!」探しであった。州政府の方針とマヌス島民の思いはすれ違い、軋轢の要素が漂っていた。

マヌス島民を笑顔にする島民自身で活動する方向が見いだせない中、約1年後卓球大会の話になり、なぜか卓球州代表に選ばれ、国際審判免許の取得、さらにはパプアニューギニア国体に参加、団体で銅メダルを獲得、これを機に周りから認められるようになっていった。

そこで、マヌス島民に伝統文化の重要性を認識してもらうよう「伝統文化意識向上支援」を企画、伝統打楽器の楽器デザインを支援、さらにマヌス隊員全員で「現地の人と共に!!」をキーワードに「祭り」を企画、州政府に掛け合い金銭、物資、人的支援を行い、実施した。島民は少しずつ主体性を意識し、友人となったヌマスの若者が楽器デザインを機に「デザインを仕事」にしなり、「ボクシング教室」を開いて、「笑顔」になっていった。

「発展の方向性は自分たちで決めて欲しい」、そして笑顔に、の言葉で報告を終了した。

しかし、治安がやや不安で協力隊の女性派遣はまだ実施されていない。

2)宮岸 誠

南太平洋、オーストラリアの北方ニューギニア島の東半分を占めるパプアニューギニア、赴任地は国北部のマヌス等を中心とする島嶼地区で人口は全州最小の約6万人、キリスト教、ココヤシ栽培と漁業が中心、主食はサゴヤシ、バナナである。国旗はドイツの植民地であったことでドイツの国旗の色等が反映されている。

報告は「パプアニューギニアの笑顔」の題、特にマヌス島民の笑顔に結びつく活動を基本とした。赴任当初、事務所に出勤したが、ほとんど一人で、誰とも会わない日も多くあった。3か月後、外に出ることとし、約6か月は「マヌスの人は何を求めているのか?」、「皆が幸せになるような活動をしよう!」探しであった。州政府の方針とマヌス島民の思いはすれ違い、軋轢の要素が漂っていた。

マヌス島民を笑顔にする島民自身で活動する方向が見いだせない中、約1年後卓球大会の話になり、なぜか卓球州代表に選ばれ、国際審判免許の取得、さらにはパプアニューギニア国体に参加、団体で銅メダルを獲得、これを機に周りから認められるようになっていった。

そこで、マヌス島民に伝統文化の重要性を認識してもらうよう「伝統文化意識向上支援」を企画、伝統打楽器の楽器デザインを支援、さらにマヌス隊員全員で「現地の人と共に!!」をキーワードに「祭り」を企画、州政府に掛け合い金銭、物資、人的支援を行い、実施した。島民は少しずつ主体性を意識し、友人となったヌマスの若者が楽器デザインを機に「デザインを仕事」にしなり、「ボクシング教室」を開いて、「笑顔」になっていった。

「発展の方向性は自分たちで決めて欲しい」、そして笑顔に、の言葉で報告を終了した。

しかし、治安がやや不安で協力隊の女性派遣はまだ実施されていない。

宮岸 誠氏

宮岸 誠氏

 

 

 

 

 

 

3)橘 美佳

インドネシアスマトラ島、南スマトラ州都パレンバン市が赴任地、人口約170万人、工業、商業が発展、また平野、湿地帯域でもある。パレンバン市を東西に流れるムシ川は貿易港でもあり、石油、ゴム、石炭、パームの重要な輸出港である。

活動はパレンバン市環境事務所、職員は約60人、6部があり、環境情報部に配属された。部の業務内容は、地域環境評価プログラム、気候変動対策・自給自足促進、環境系ボーイスカウト推進、学校環境活動推進プログラムの4つである。地域環境評価プログラムでは市域ごとに評価を受け、目標を達成すると広場にモニュメントが建立、環境推進に力を入れている。

しかし、学校環境活動推進プログラムを例にとると、学校で行われる環境活動はあくまでも評価を得るためであり、教育的効果は不足している。すなわち、プログラムは形式的であり、生徒は内容理解が不足、行動が伴っていない。つまり、「魂」が入っていない。ここでの活動は、学校巡回、教材づくり、イベントでの啓発活動で、座学ではなく、実際のゴミ拾い、さらに分別と実践教育を重視、体感してもらうこととした。イベントでの啓発活動では、教材で作成した「環境すごろく」、コンポストセミナーを実施、そしてインドネシア大学の環境教育イベントにパネラーとして参加しました。

活動では延1万人の皆さんと関わり、実践してきました。まだまだ、ごみのポイ捨て人間がいますが、そのような行為が「恥ずかしい行為」と認識されるよう祈念して、活動を終えました。

 

3)橘 美佳

インドネシアスマトラ島、南スマトラ州都パレンバン市が赴任地、人口約170万人、工業、商業が発展、また平野、湿地帯域でもある。パレンバン市を東西に流れるムシ川は貿易港でもあり、石油、ゴム、石炭、パームの重要な輸出港である。

活動はパレンバン市環境事務所、職員は約60人、6部があり、環境情報部に配属された。部の業務内容は、地域環境評価プログラム、気候変動対策・自給自足促進、環境系ボーイスカウト推進、学校環境活動推進プログラムの4つである。地域環境評価プログラムでは市域ごとに評価を受け、目標を達成すると広場にモニュメントが建立、環境推進に力を入れている。

しかし、学校環境活動推進プログラムを例にとると、学校で行われる環境活動はあくまでも評価を得るためであり、教育的効果は不足している。すなわち、プログラムは形式的であり、生徒は内容理解が不足、行動が伴っていない。つまり、「魂」が入っていない。ここでの活動は、学校巡回、教材づくり、イベントでの啓発活動で、座学ではなく、実際のゴミ拾い、さらに分別と実践教育を重視、体感してもらうこととした。イベントでの啓発活動では、教材で作成した「環境すごろく」、コンポストセミナーを実施、そしてインドネシア大学の環境教育イベントにパネラーとして参加しました。

活動では延1万人の皆さんと関わり、実践してきました。まだまだ、ごみのポイ捨て人間がいますが、そのような行為が「恥ずかしい行為」と認識されるよう祈念して、活動を終えました。

 

橘 美佳氏

橘 美佳氏

 

 

 

 

文責:富樫千之

 

 

 

 

 

 

文責:富樫千之

宮城県青年海外協力隊を支援する会学生会員の募集!!

宮城県青年海外協力隊を支援する会(以下、「支援する会」という。)では学生会員を募集します。支援する会は青年海外協力隊員(以下「隊員」という。)の活動を容易にし、充実させるための県民運動を展開し推進することを目的としています。

このため、隊員の壮行会の開催、派遣中の隊員活動の紹介や帰国した隊員の報告会を開催しています。隊員を志す学生や隊員の活動や海外の直接の情報に興味のある学生は是非入会して下さい。会費は無料、情報連絡は全てメールとさせていただきます。

入会希望学生は、氏名(ふりがな)、所属、住所、メールアドレスを次のメールアドレスに連絡願います。また、卒業しましたら脱会、または本人の意思により普通会員への入会になります。

以上、宜しくお願い致します。

入会連絡先:tgashit@myu.ac.jp または tgs1122@agaate.plala.or.jp

連絡先氏名:富樫千之(支援する会・会長)

宮城県青年海外協力隊を支援する会ホームページ:http://sienjocvmyg.org/

青年海外協力隊H29-1次隊壮行会

青年海外協力隊のH29-1次隊の壮行会を下記により開催しました。今回宮城県からの派遣はJV5名でした。JICA東北から村瀬支部長始め総務課、3名、本部産業開発公共政策部及び人間開発部から計4名、宮城青年海外協力協会(宮城OB会)から4名、それに加えてNPO山形青年海外協力協会からもOBの参加がありました。支援する会からは会員11名の参加で盛会でした。

日時:平成29年6月19日(月) 18:30から21時

場所:大ばん

29-1次隊壮行会出席者

29-1次隊壮行会出席者

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

フィージー視察の旅開催要領

主旨

協力隊活動の更なる理解を求め、赴任地で活躍した隊員が活動の状況を通して、今後の国際協力のあり方や、異文化理解について考察する事を目的とする。

 

内 容

フィジーで理学療法士隊員として活動している宮城県出身2名の隊員の任地を視察し、活動を調査・理解するとともに、他県の活動中の隊員の任地を訪れ、日本の海外協力の実態をつぶさに視察する。

 

日 程           

 

平成29年8月30日(水)~95日(火)

8月30日(水):14:50仙台→15:50成田(NZ4127)   18:30成田→(NZ90)      機内泊

8月31日(木):08:05オークランド  09:45→12:45ナンディ(NZ52)

ナンディ→スバ                      スバ泊

9月 1日(金):宮城県JV隊員活動視察  JICA事務所訪問

:JICA、JVスタッフとの交流会       スバ泊

9月 2日(土): 他県JV活動視察・スバ市街地視察                   スバ泊

9月 3日(日): 離島ツアー(レブカの港町)                      スバ泊

9月 4日(月):スバ→ナンディ移動  14:00ナンディ→17:10オークランド(NZ53)

オークランド泊

9月 5日(火):08:55オークランド-16:50成田(NZ99) 18:40成田→19:50仙台(NZ4126) 解散

 

 

7.主催  宮城県青年海外協力隊を支援する会

後援:国際協力機構東北支部

問い合わせ及びお申込み先

宮城県青年海外協力隊を支援する会 会長 富樫千之 〒982-0252 仙台市太白区茂庭台2-11-22

携帯電話090-5359-1179  Eメール tgs_1122@agate.plala.or.jp (自宅)

(またはtogashit@myu.ac.jp  職場)

以上

宮城県青年海外協力隊を支援する会総会報告

平成29年度総会が下記の要領で開催されました。

○総会

日時:平成29年6月3日(土) 15:30―17:30

会場: トークネットホール仙台 (仙台市民会館)  第1会議室

総会及び懇親会参加者

総会及び懇親会参加者

 

 

 

 

 

 

平成28年度活動報告

  • 派遣中のJV、SV隊員とのメール交信による活動報告が多くあり、それらをホームページとNews Letterに掲載し、隊員活動がより身近に感じられました。
  • 隊員の活動や壮行会の様子を定期的にホームページに掲載したことによってアクセス数が大きく増加し、充実したものになりました。
  • 壮行会(4回)、帰国隊員の報告研修会、会員相互の親睦会を実施してきました。
  • 派遣中隊員からのリクエストで「算数セット」収集し、8月中旬頃現地に届きます。
  • 視察の旅は実施できず、「ふるさと情報便」は1回となりました。
  • 新たに、JICA主催のエッセイコンテスト表彰式&JICAボランテイア体験談イベントには協力参加しました。
  • 本会活動はJVのOB会、専門家OB会との協力によるものが大きく、JOCAとの連携もありました。
  • 平成28年度決算も承認されました。

 

平成29年度活動方針

  • 2017年5月で29周年になりますので、30周年記念として記念式典、記念誌編集、記念視察の旅のマモリアル事業の準備があります。
  • 通常年の活動は、派遣中JV、SV隊員の充実した連携、ホームページの内容の不断の更新、「ふるさと情報便」、ニュースレターの発行であります。通常活動をしながらの30周年記念事業の準備となりますので、活動量が増加します。
  • の高齢化や会員減少対策も重要な課題であるため、会の活性化について検討していく中で、ジュニア会員(大学生以下)として若い世代に本会の活動と海外の事情を知ってもらう活動の試行を行います。
  • 平成29年度予算案、および役員改選が審議され承認されました。

 

続いて以下の3名の隊員の帰国報告会が開催されました。

  • 菅野ひかる氏
  • 宮岸 誠氏
  • 橘 美佳氏
  • 報告会の内容については別に掲載しました。

懇親会

日時:同日 18:00~

会場:シェルブール (スマイルホテル国分町の3F)

会費:4,000円

帰国報告会の講師3名を加えて参加者一同、和気藹々の暖かい雰囲気の懇親会でした。

 

以上

 

 

 

 

 

「算数セット」収集についてのご報告とお礼

南米のベリーズで小学校教育を担当している青年海外協力隊員からの要請で、「青年海外協力隊員への支援物資(算数セット)の収集のお願い」の記事を2016年12月からこのホームページに掲載しました。

「算数セット」は中学生になると使用済みになり、中学校ではほとんど使用されず、破棄されたり、倉庫にうずもれています。この休眠中の「算数セット」を収集して頂ければ、JICAとともに協力して、ベリーズに送り、ベリーズの小学生の算数学力向上に役立てたいとの派遣中の隊員からの要望に、本会が協力・支援するためです。

 

2017年5月16日までに27セットのご寄付をいただき、5月現在梱包中で間もなく南米のベリーズへ向けて発送の運びとになりました。多くの方々のご協力をいただき心から感謝いたします。

本会のホームページの「算数セット収集のお願い」の記事には568件のアクセスがあり、多数の方々が感心を寄せてくださったことが伺えます。皆様のご支援に心から厚くお礼を申し上げます。また、今後も機会がありましたらご支援・ご協力をいただきたくお願い申しあげます。

宮城県青年海外協力隊を支援する会 会員一同。

エチオピア派遣隊員報告

[序] 現在のエチオピアの小学校教育現場では、「トーク&チョーク」と呼ばれる理論中心の授業が行われており、科学実験などの実践的な活動の導入が求められている。その背景には、実験用具不足や教師の実技経験不足などが課題となっており、それらの解決に向けて活動を行っている。

大阪市天王寺区石ケ辻町19番12

 

[課題解決に向けた取組み]

  1. ローカルマテリアルを使った代替実験の提案

実験用具不足という課題の解決のため、現地で手に入るもの(ローカルマテリアル)で行うことができる実験を考案し、現地教師達に提案を行っている。例えば、エチオピアで配布されている小学校の化学の教科書には酸・塩基の項目が含まれているが、現地でBTB溶液を手に入れることが困難であるため、酸性・中性・塩基性の違いを色の変化としてハッキリと見せることが難しい。そこで、現地で容易に入手できるアサガオ(図1)から抽出されるアントシアニンを指示薬として使う、アサガオインディケーターの紹介とそれを使った実験の提案を行った(図2)。

 

図1 街中に咲いているアサガオ

図1 街中に咲いているアサガオ

 

 

 

 

 

 

 

図2 実験の様子

図2 実験の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. セミナーを通しての授業紹介および技術指導

教師の実技経験不足という課題の解決のため、首都に派遣されているJICAボランティアと共にセミナーを開催し、実験を導入した授業を現地教師に対して実際に行って見せ(図3)、その後、その授業の中で行った実験に関する実技指導を行っている(図4)。

 

図3 実験を導入した授業の様子

図3 実験を導入した授業の様子

 

 

 

 

 

 

 

図4 現場教師に対する実技指導

図4 現場教師に対する実技指導

 

 

 

 

 

 

 

 

町の様子(アディスアベバ)

・マスカル広場

首都アディスアベバで最大規模の広場。マスカル祭と呼ばれる伝統行事では、縁石に沿ってロウソクに灯をともした人々が並ぶ。夕暮れに見られるそれらの光景はとても美しい。 広場では、毎日サッカーが行われている。サッカーはエチオピアで最も人気のあるスポーツの一つとなっている。

 

 

夕暮れのマスカラス広場

夕暮れのマスカラス広場

 

 

 

 

 

 

 

広場でサッカーをする人々

広場でサッカーをする人々

 

 

 

 

 

 

・配属校 (テスファコケブ小学校)

生徒数2,400人、教師数80人とエチオピアでは比較的大規模な小学校。

 

 

 

テスファコケブ小学校

テスファコケブ小学校

 

 

 

 

 

 

踊る子どもたち

踊る子どもたち

 

 

 

 

 

 

・環境問題

首都アディスアベバでは、自動車や工場からの排ガスによる大気汚染が問題となっており、市内にはポイ捨てされた大量のゴミがしばしば見かけられる。

放置された大量のゴミ

放置された大量のゴミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生活の様子(食生活に関して)

エチオピアの主食インジェラ。テフと呼ばれる穀物を発酵させて作られた生地状もの。独特の酸味がある。その上に、シチューのような煮込み料理をかけることもあれば、写真のように肉や野菜などの炒め物をのせることもある。

エチオピアはコーヒー豆の産地で有名。美味しいコーヒーを一杯およそ25円で飲める。

 

エチオピアの昼御飯

エチオピアの昼御飯

 

 

 

 

 

 

エチオピアコーヒー

エチオピアコーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

27-2次隊エチオピア派遣 O.K. 活動報告 理科教育

以上

 

 

ケニア派遣隊員報告

 

少しですが報告させていただきます。

①活動

ケニアに到着し、任地へ配属されるまでの間に少し問題がありました。

最初の要請内容と変更があり、配属先も教育省事務所からセカンダリースクールへ変わりました。今はそのセカンダリースクールで体育を教えています。これから、元々の要請内容にも応えられるようにしていきたいと考えています。

セカンダリースクールは日本でいう中学3年生~高校3年生の4学年の子どもたちがいます。1クラス約50人のクラスが各学年ごとに3クラスずつあります。ビクトリア湖のすぐそばに位置していて、生徒たちは放課後に水浴びをしに行きます。

 

②町の様子

日本にいるときにイメージしていたアフリカとは、違うところが思っていたよりもありました。首都はもちろん、地方の大都市にもビルはあるし、大きなショッピングセンターもあります。車やタクシー、バスなどの交通手段もありますし、携帯電話がとても普及しています。

しかし、ロバに水を運ばせていたりと原始的なところもあります。僕の任地の町には、ロバのほか鶏、ブタ、ヤギ、牛なども道端を歩いていて、動物や自然とともに生活しています。

 

③文化

僕の任地にはキリスト教徒が多く、土曜日か日曜日かのたいていどちらかに教会に行きます。また、ビクトリア湖に近いこともあって、魚をよく食べています。ウガリという主食のほか、スクマという野菜などと一緒に食べます。ちなみに昼食の時間帯は遅く、13時~14時ごろにお昼を食べます。

元気な子どもの様子

元気な子どもの様子

 

 

 

 

 

 

ロバの水運び

ロバの水運び

 

 

 

 

 

 

近くのサファリでは水牛が

近くのサファリでは水牛が

 

 

 

 

 

 

セカンダリスクールの学生1

セカンダリスクールの学生1

 

 

 

 

 

 

セカンダリスクールの学生2

セカンダリスクールの学生2

 

 

 

 

 

 

27ー2次隊ケニア派遣 S.H. 活動報告、コミュニティ開発

以上

 

コスタリカ派遣隊員報告

FAO(国連食糧農業機関)コスタリカのプロジェクト Programa de Alimentación Escolar「学校に給食を」のイニシアティブ、Huertas Estudiantiles「学校で野菜を作ろう」は、すべての学校・幼稚園で学校菜園を作り、野菜を栽培することを授業に取り入れる活動です。

学校で野菜を作ることは、給食用の野菜を自給するだけでなく、野菜栽培を通じ、子供の時から野菜の栄養的価値を理解していただき、健康的な食生活を習慣づける目的があります。

学校菜園を運営するにあたって教職員の知識・技術を高めるために、ターゲットであるブルンカ管内を4つの地区に分け計4日のトレーニングプログラムが実施されました。本プログラムにて高倉式コンポストの講義・実演を担当しました。  給食の残飯を活用して堆肥を作る技術としてプログラムに編入され期待されています。

野菜栽培

学校菜園における野菜栽培

学校菜園における野菜栽培

 

 

 

 

 

 

高倉式コンポストの講義

高倉式コンポストの講義

 

 

 

 

27-2次隊コスタリカ派遣 T.N. SV 活動報告 マーケッティング

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャマイカ派遣隊員報告

現在、私は短期SV(2017年1月10日~7月10日:6ヶ月)としてジャマイカで活動しています。職種は「小学校教育」、St. Joseph’s Teachers’ College に来ています。  活動内容は、小学校の教員を目指している学生の理科と数学の授業の支援をすることになっています。アパートもこの学内にあり、結構快適です。

29ジャマイカ短期派遣 N.J活動報告 小学校教育

image001         以上